プログラミング教育必修化の背景

2020年から小学校においてプログラミング教育が必修化されます。
「なぜプログラミング教育なのか」について理解しておきましょう。

「AI(エーアイ)」や「IoT(アイオーティ)」という言葉に代表される「第4次産業革命」の到来と共に、ITスキルはもちろん、論理的思考力・問題解決能力・創造力などの「プログラミング的思考」を備えた人材の育成が課題となっています。

多くの国では既に学校のカリキュラムの一環としてプログラミング教育を導入しています。
今後国際社会において競争に勝ち抜く為には日本においても「ITスキル」と「プログラミング的思考」の育成は避けて通れません。
そのような背景から、小学校におけるプログラミング教育の必修化が実現しました。


 
プログラミング教育の具体的なねらい

小学校におけるプログラミング教育では以下のことをねらいとしています。
  1. プログラミング的思考の育成
  2. 日常生活がコンピューターによって支えられていることに気づき、コンピュータを活用して身近な問題を解決しようとする力の育成
各教科の指導の中にプログラミングを導入することで、子どもたちが自然にプログラミング言語(コーディング)を習得することは考えられますが、コーディングを覚えること自体を目的としているわけではありません。

 
写真出展:「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル掲載事例(正多角形をプログラムを使ってかこう)」(杉並区立西田小学校)
https://miraino-manabi.jp/content/111

 
ヤマダパソコンスクールのジュニアクラスのご案内

ヤマダパソコンスクールでは、小学1年生から中学3年生までのお子様を対象として、以下の3つのコースをご用意しています。
各コースの内容についてはコース名をクリックして詳細のページにてご確認頂けます。
 
  1. タイピング・パソコン基礎コース  
  2. スクラッチプログラミングコース  
  3. ロボットプログラミングコース   

※ジュニアクラスの店舗一覧はこちらから
※各コースのお問い合わせについては、お近くの教室にお問い合わせ頂くか、以下のフォームよりお願い致します。